遺産整理業務には、不動産の売却手続を代理して行うことも含まれます。

不動産を売却して得たお金で諸々の費用を支払い、残ったお金を相続人に分ける、いわゆる換価分割を行います。

相続人はみな、就職し独立

相続人であるお子さんが、すでに独立して他県に住所を定めていることが増え、ご両親が亡くなると、そのご自宅を処分するというケースが増えてきました。

今回の遺産整理業務でも、相続人であるお子さんはお二人。

遺産整理業務:不動産売却

核家族化が進み、相続人は地元を離れて家を持っていることが多くなりました。(画像はイメージです)

もう一人は結婚して海外勤務の夫についていっています。

遺産の自宅不動産は、処分されるということでお二人とも合意されました。

不動産売却

実際に売却の手続きを行おうとすると、やはり自宅不動産のある現地でいろいろ動く人が必要になります。

不動産仲介業者に物件紹介を依頼したり、内覧を行う場合の鍵の手配をしたり、建物が古く売却の障害になる場合はそれを取り壊したり・・・

今回の不動産売却では、建物をそのまま維持する関係で、自宅の中にある動産を処分することになりました。

しかしそこは亡くなった方の自宅。相続人にとっては生まれ育った実家です。

巣立った2人の相続人のお子さんたちの部屋は、ほぼそのままになっているとのことでした。

ビデオカメラで内覧

そこで、建物の中のものを処分する前に、思い出の品を残すために、建物の中全体をビデオ撮影し、その映像を相続人のお二人に確認してもらうことにしました。

残すものを指定してもらい、保管先の倉庫まで搬出を行い、それが済み次第廃品の処分と清掃を実行する、という予定を組みました。

が、実際に見ていただくと、家具などはほとんど残すものはないということでした。

提携する廃品処分業者さんの作業に立会い、戸棚から出てくるものをチェックしていたら、古銭が大量に出て来ました。

どうやら亡くなったお父様の趣味だったようです。

また、タンスから布地がいくつも出てきました。奥様は裁縫が趣味だったようです。

買い手現る!

廃品の搬出の後は、提携する清掃業者さんに入ってもらいました。

驚くほどキレイになりますね!個人情報に関わるため写真は載せられませんが、載せられないのが残念です。

キレイにした甲斐あってか、買い手がつきそうです。融資審査まで進んでいる模様。

 

こういった作業にかかる費用については遺産から支出しています。また続報を載せたいと思います。