遺産整理業務とは、司法書士 行政書士 久屋大通事務所が、相続人全員から依頼を受け、被相続人の遺産を調査し、預金口座の解約や不動産の相続手続きを行なって、財産を平等に分配する業務です。初回相談無料です。

相続人調査

  • HOME »
  • 相続人調査

遺産整理業務において、相続人調査はまず最初に行う仕事です。

この仕事は、亡くなった方の戸籍を出生から死亡に至るまで、全て集めて法定相続人を全て明らかにすることを指します。

これを最初に行うのは、2つの理由があります。

1,全ての相続人を捜索

遺産整理業務は、最終的に全ての相続人に遺産を配分するのが仕事ですから、相続人全員を把握してなければできません。

相続人の中にはもちろん「私は相続分は要らない」という方もいらっしゃることはありますが、要らないとしてもその意思を確認する必要があります。

また、亡くなった方しか知らない相続人が現れることもあります。

実はこういったケース、結構あります。というよりそういった事情があるから専門家に依頼するということなのかもしれませんが。

いわゆる「隠し子」のケースは、依頼者と交流がないことがほとんどです。

従ってその方の住所や電話番号もわかりません。

そうすると、その方の住所の調査を行い、お父様が亡くなったことを連絡する手紙を送ります。

2,全ての相続人に平等に

また、我々は相続人全員の代理人として行動するので、相続人全員と委任契約を結ぶ必要があります。

このことは、相続人全員に対し平等に相続財産を配分する上で極めて重要な点です。

法定相続分通り、または全員が納得した遺産分割協議の内容に従い、我々はそれを実現する具体的な作業を行います。

戸籍を読み解く相続人調査

相続人調査は、具体的には亡くなった方の戸籍を出生から死亡に至るまで全て集め、その記載を読み解いて、相続人を確定させます。

戸籍謄本

戸籍はかつて役所職員の手書きでした。字の上手な係官もいれば、そうでない方も…

戸籍は大まかに言うと、その戸籍そのものがいつ、どういう理由で作られたか、ということと、その戸籍に載っている人がどういう理由で戸籍に記載されたか、あるいは記載が消されたか、ということが書いてあります。

戸籍そのものが作られる、典型的なケースは婚姻です。男女が結婚すると、新しく戸籍を作ります。よく旦那さんの本籍地と全く同じ所で戸籍を作られることがありますが、それでも旦那さんの実家の戸籍とは全く別に、新しい戸籍が作られます。新しくできた戸籍は、旦那さんか奥さんが筆頭者になります。なので、本籍地が全く同じでも区別は可能、というわけです。

ちなみによくある誤解として、本籍地は実家の住所と一致しているハズだ、という誤解があります。もちろん実家の住所が本籍地になっているかたはたくさんいますが、必ずしも一致している必要はありません。もっと言うと、本籍地は、どこにでも自由に決められます。他人の家の住所を、自分の本籍地にすることも可能です。これと関連しますが、皇居を本籍地にする方は多いそうです。

戸籍ができた後に、戸籍に追記される人もいます。婚姻した夫婦の子供が代表的なケースです。この場合は、誕生日と出席の事実が追記される理由となります。

最初二人で始まった戸籍が、その夫婦の子が産まれることで、徐々にその記載を増やしていき、子供が婚姻すると、従前の戸籍からは離脱し、新しい戸籍を作る、という繰り返しになっています。

・・・以上は「現代版」戸籍の説明です。

旧法下でのかつての戸籍は、家制度がベースになっており、1つの戸籍にいくつもの夫婦が属していることは珍しくありません。非常に複雑なものになっています。

ですので説明は割愛させて頂きます。

 

これらの作業を経て、相続人調査を行なっています。

遺産整理とは?に戻る

面談でのご相談は初回無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 052-962-8882 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日はメールでお問い合わせ下さい)

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ
  • facebook
  • twitter
Copyright © 2013 遺産整理.biz&Junpei suzuki All Right Reserved.