沢山の遺産整理業務をご依頼頂いていますが、その中にはさまざまなご相談があります。

その内の一つに、遺産の預貯金の一部を一定期間預かってくれないか、というものがあります。

遺産整理業務が終わった後に、万が一亡くなった方の債務(相続債務)が出てきたとき、相続人で折半して支払いたいので、各相続人がそれぞれ同額のお金をプールしておきたい、というものです。

個人間の借金は調査が困難

遺産整理業務の中で、亡くなった方の金融機関からの借金は全てリストアップできるのですが、個人間での借金までは調査することが困難です。亡くなった方が連帯保証人になっていた場合も同様です。

また、亡くなった方が本当に借金をしていたのかどうか、わからない場合もあります。本当に借りていたかどうか疑わしい借金ということです。その場合は弁護士に依頼する費用に充てることになります。

いざ、そういった事態が起きた場合に、各相続人がみんな均等にお金を出して対応できる状況であればいいのですが、お金が用意出来ない方がいると、他の相続人で負担することになってしまいます。

そういった事情に備えて、必要になるお金を確保することが可能です。

相続債務の時効消滅

相続債務は、10年の経過で法律上消滅させることが可能です。消滅時効の援用、という方法です。

従って、遺産の預貯金をプールする契約の期間は最長10年としています。